二日酔い 頭痛 解消

なぜ二日酔いになると頭痛になるのか?予防する方法は?

お酒の飲んでいるときは、楽しいですが、、、

 

「飲み過ぎて朝起きたら頭がズキズキと痛む!!」
って経験はお酒好きのあるあるだと思います。

 

しかも、二日酔いになるとわかっていても、
お酒が進んでやめられないんですよね〜

 

二日酔いがなければどんなに素晴らしいっと何回も考えてことがあります。

 

そもそも、お酒を飲み過ぎるとなぜ、、、

 

頭痛が起こるのか知っていますか?

 

今回は、、、

 

  • 飲み過ぎると頭痛の原因
  • 頭痛の治し方

 

この2つを紹介します。

 

頭痛の原因

飲み過ぎで起きる頭痛は、3種類があります。

 

  • 血管の拡張
  • 体内の水分不足(脱水症状)
  • アルコール成分

 

この3つあります。

 

血管の拡張が原因の頭痛

アルコールを摂取すると血管が拡張されます。

 

このとき血管は無理に拡張されるので、心臓の鼓動と同時に頭痛が起きます。

 

痛みを抑えるには、血管の収縮させる方法である、、、

 

  • 頭を冷やす
  • カフェイン(コーヒー)

 

が効果的です。

 

頭を冷やすときは、水枕や冷却シートがあると便利です。

 

カフェインは利尿作用があるので、水やスポーツドリンクも一緒に飲み脱水症状にならないように気をつけましょう。

 

体内の水分不足が現任の頭痛

アルコールを分解するには、体内の水分と栄養素が消費されます。
大量にお酒を飲むことは、大量に体内の水分を減らすことにつながります。

 

体内の水分が減ると体は脱水状態になり、脳が静脈などの距離が短くなり痛みが発生します。

 

この場合の頭痛を取る場合は、不足した水分を補うことです。

 

体へ素早く浸透するスポーツドリンクを飲みと効果的です。

 

アルコール成分が原因の頭痛

アルコールは、体内で分解されると、、、
アセトアルデヒトっと名前の成分になります。

 

アセトアルデヒトは毒性があり脳の血管を刺激します。

 

少量のお酒ならアセトアルデヒトは少なく頭痛にはなりませんが、大量のお酒を飲むと、、、

 

アセトアルデヒトも多く体内に発生し頭痛を引き起こす原因となるのです。

 

アセトアルデヒトが原因で頭痛になった場合は、体内に残っているアセトアルデヒトを分解、排出させることが痛みが早く楽になります。

 

分解、排出を促進させる方法は、、、

 

  • 水分補強をする
  • カフェインを摂取する
  • ウコンを摂取する
  • 吐く

 

水分を多くのみカフェインで利用作用を高める体内からアセドアルデヒドを排出させることができます。

 

また、ウコンで胆臓を強化し分解を促進させる方法もあります。

 

ウコンを摂取する場合は「ウコンの力」や「サプリメント」
補給するようにするとより効果的です。

 

ただし、ウコンには鉄分が多く含み大量に摂取すると副作用で内蔵を痛めるので気をつけましょう。

 

気持ち悪くなった場合は、吐いて体内から出す方法も有効的です。

 

頭痛、吐き気、痛いが辛い二日酔いに効くツボ(手、足、頭)

飲み過ぎで二日酔いになったら、水分と栄養を補給したり頭痛や吐き気がひどい場合は、薬を飲み症状を和らげる方法もあります。

 

ですが、二日酔いで吐き気がして頭痛がするけど、まわりにコンビニも薬局もない、、、

 

そんな、絶望的な状況でも二日酔いの症状を緩和する方法があります。

 

その方法とは「ツボです」

 

今回は、二日酔いに効くツボを紹介します。

 

頭痛に効果的なツボ

頭痛には、、、

 

百会・・・頭の中心にあるツボで指の腹で揉むように押しましょう。
風地・・耳の裏側にあり骨がボコボコしているとこを強めに押しましょう。

 

この2つが効果的です。

 

吐き気に効果的なツボ

吐き気には、、、

 

合谷・・・手の親指の付け根にあり強めに押しましょう。
内関・・・手首から指3本から離れたところにあるツボです。

 

 

ツボを押すときの基本

ツボを押すときの基本は、、、

 

・押す
・揉む
・たたく

 

この3種類あります。

 

注意点

ツボは、押し方を間違えると効果が裏目に出て逆に不健康にあることもあります。

 

「皮膚に異常がある(火傷、炎症など)」と「発熱などの病気を患っている」の方はツボを押すのは控えましょう。